テント

コンパクトで機能的なおすすめのソロキャンプ用テント!ソロキャンパーデビューしてみない?

テント アウトドアイメージ

キャンプ人気の高まりもあって、最近増えているのがソロキャンパー。ソロキャンプの醍醐味はキャンプ用品や時間の使い方などすべて自由に決められるということ。誰にも干渉されず本を読んだり、釣りをしたり、昼寝をしたり、自分時間を満喫できます。こちらではソロキャンプに欠かせないコンパクトで機能的なソロキャンプ用テント・ソロテントの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

ソロキャンプ用テントの種類

ソロキャンプ用のテントはおもに3種類に分けることができます。いずれもメリットデメリットがありますので自分のスタイルに合ったテントを選びましょう。

ポップアップ型

ポップアップテントは海辺や公園など日差しが強い場所でのレジャーにも使用される、開くだけで設営が完了する簡易テントのこと。設営は簡単なのですが、畳むのが難しい、かさばるなどのデメリットがあります。耐久性も他のタイプのテントに比べ劣りますし、一層構造なので寒さや暑さに弱いことも。

ワンタッチ型

ワンタッチ型は収納袋から出しててっぺんの紐を引っ張り、4本のポールを伸ばすだけで設営が簡単にできるタイプのテントです。ポップアップ型に比べるとポールがしっかりしていて耐久性もアップします。上位モデルになると2層構造でフライシート付きのものや、前室付きのものなどもあり、格的な宿泊キャンプにも対応できます。

ワンポール型

最後はティピーとも呼ばれるワンポールテントです。中央にポールを一本立て、ペグを使ってテントを地面に固定します。天井が高いので着替えの際にかがまずに済みます。見た目もおしゃれなので女性にも大人気♪ただし、ペグを打ち込むのである程度のスペースを確保する必要があり、また地面が硬すぎるとうまくいきません。

ソロキャンプ用テントの選び方

キャンプのスタイルで選ぶ

ソロキャンプといってもツーリングや登山、山に行くのか、川に行くのかなどキャンプのスタイルや目的によってテントの選び方が変わってきます。ツーリングや登山ならできるだけ軽量のものがいいですし、河原でキャンプをするなら地面の凹凸を考えたテントを選ばなければなりません。

軽量・コンパクトさで選ぶ

ソロキャンプは基本自分で荷物を全て運ばなければならないので、軽量でコンパクトであるにこしたことはありません。テントの重さはポールの素材やフライシートの有無に左右されます。ポップアップテントは、設営は簡単ですがかさばりますし、ペグとロープを使用するワンポール型はポールが少ない分コンパクトに収納できます。

設営しやすさで選ぶ

設営しやすさといえば、断然ポップアップテント。開くだけで設営完了です。ただし、ポップアップテントはかさばりますし、1枚構造で寒さや暑さに弱く、耐久性にも不安が残ります。一方、4つのポールで支えるワンタッチ式テントなら設営が簡単なだけでなく、上位モデルになればフライシート付きの2重構造のものや前室を装備したものもありおすすめです。

デザインで選ぶ

ソロキャンパーにはキャンプギアにこだわりを持つ人が少なくありません。機能性だけでなく、デザイン性にもこだわりたいという人にはおしゃれなワンポールテントがおすすめ。ストリングライトなどでデコレーションしても可愛いですね♪

前室の有無で選ぶ

テント選びで欠かせないのが前室の有無。ソロキャンプでもなにかと荷物は多いので、荷物置き場として前室があるものがおすすめです。前室が広いと靴の脱ぎ履きにも便利です。

ソロキャンプ用テント口コミ

おすすめのソロキャンプ用テント7選

created by Rinker
コールマン(Coleman)
インナーサイズ:約210×120×100cm

こちらはポールポケット式のコンパクトサイズのテント。前室が高く開放感があり、アシストクリップ採用で一人でも設営が簡単にできます。テント内は天井が高く広いので、大人が立ったまま着替えができます。風が通り抜ける構造で夏でも涼しい。耐水性のあるフライシートを使用しているので雨の日でも安心です。

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
1人用・耐水圧/フライシート:約3000mm・ボトム:約5000mm
サイズ(約)/W240xD240xH150cm・インナーサイズ(約)/220x100x135cm・収納時サイズ/(約)W42xD19xH19cm 重 量(約)/2.2kg

こちらは設営が簡単なワンポールテント。フライシートを閉めればフルクローズドでプライベートを確保できます。インナー風呂はメッシュで通気性抜群、虫よけ対策もばっちりです。耐水圧5000㎜で雨の日でも安心!

created by Rinker
DOD(ディーオーディー)
インナーサイズ:W225×D145×H110cm

こちらはツーリングに最適なワンタッチテント。結露や雨風の侵入を防ぐダブルウォール、フロアは耐水圧5000㎜で雨の日でも安心です。誰でも簡単に設営できるワンタッチシステム、通気性のいいメッシュを使用しています。持ち運びに便利な収納バッグ付き。

created by Rinker
ogawa(オガワ)
サイズ;250×370(六角形)

簡単に設営できるガイドシート、ガイドロープが付いています。ベンチレーション機能でさわやかな空気を取り込むことが可能。トグルで巻き上げができるスカート。出入り口のファスナーが開くのを防ぐバックルが付いています。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
サイズ:210×130×130㎝

収納サイズ長さ40㎝で軽量でコンパクトな収納が可能。1mmメッシュを採用し、インナーテント天井の通気性を高めました。ベンチレーションを装備し結露を防ぎます。UV-PROTECTIONコーティング生地使用で紫外線を95%カット。フライの前・後面に荷物室を装備しています。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
サイズ:長さ約230cm×幅130cm×高さ105cm

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能。抜群の通気性を備えています。

created by Rinker
テンマクデザイン
サイズ:442×420×(H)280cm

一人でも二人でもちょうどいい絶妙なサイズのテント。設営が簡単にできるセットアップガイド付きです。片方入り口にタープの様に張り出す事も可能なサイドフラップが装備されています。2箇所の出入口で快適な風通し、TC生地使用で結露しにくく遮光性抜群です。

まとめ

ソロキャンプ用のテント、コンパクトなのにいろいろな機能性を備えていてすごいですね。あわただしい日常から抜け出して一人で自然に触れてみるのもたまにはいいかも。一人はさみしい、、、という人も一度体験してみたら、目からうろこ、新しい楽しみが増えるかもしれませんよ。