キャンプ料理

キャンプでおすすめの調理道具!ダッチオーブンやスキレットで手軽に作れるキャンプ飯もご紹介

大自然の中でおいしいゴハンを食べるのはサイコー!ただし、美味しいキャンプ飯を作るためにはキャンプ用調理道具の準備が必要です。こちらではダッチオーブンやスキレットなどおすすめの調理道具と手軽に作れる人気のレシピをご紹介♪

調理を始める前の準備に必要なもの

キャンプの調理道具をご紹介するまえに、準備に必要なキャンプ用品もチェックしましょう。調理を始める前にまず火おこしです!

焚火台

View this post on Instagram

LOGOS The ピラミッドTAKIBI L展示、販売中です。 ロストル、ゴトク、串焼きプレートも標準装備。 コンパクトに収納でき、専用バックで持ち運びも簡単です。 灰受け皿付きなので、直火禁止のキャンプ場でもOK! 囲炉裏スタイルや吊り鍋料理、ダッチオーブンもお楽しみいただけます! ¥10,560(税込) 10%ポイント還元 ヨドバシ.comでも販売中。 THE EARTH掲載商品です。 同時購入でTAKIBI de JINMAKUが20%off になるキャンペーン実施中。 #石井スポーツ #ヨドバシ博多 #キャンプ #登山 #アウトドア #キャンプギア #ハイキング #トレッキング #おうちキャンプ #ベランピング #外遊び #自然 #山ごはん #山歩き #山好きな人と繋がりたい #LOGOS #ロゴス #ピラミッド #TAKIBI #焚火台

A post shared by 石井スポーツ博多店 (@ishiisports_hakata) on

一般的にキャンプ場は直火禁止なので焚火台で火を起こします。焚火台には焚火台オンリーのものと調理できるものがあります。焚火台は燃焼効果を高めるために形状にこだわったものが多く、サイズも様々。焚火台のまわりに集まって暖を取ったり、食事をしたりするのはキャンプの醍醐味♪ただし、調理ができない焚火台の場合には別途BBQコンロやカセットコンロなどが必要になります。

BBQコンロ

焚火台で調理できない場合にはBBQコンロが必要になります。BBQコンロと焚火台の違いは、BBQコンロは少ない炭でも強い火力で調理でができるように設計されている点です。燃焼部分が小さめで効率よく調理ができ、火が飛び散らないように四方が覆われています。
また実際のキッチンのように、立ったまま調理ができるようにハイタイプが多くなっています。

カセットコンロ

BBQコンロはキャンプを盛り上げてくれるアイテムではありますが、いかんせん後片付けが大変。こびりついた油はなかなか落ちないし、炭で火を起こすのは時間がかかる、またコンパクトに収納できると言ってもそれなりの大きさがあります。調理に時間をかけたくないという方はカセットコンロと鍋を使って肉を焼いたり、カレーを作ったりするのもありです。

ガスバーナー

View this post on Instagram

* 中華製のガスバーナーをこれまた久々に使ってきました。たぶん買った当時は1,500円もしなかったと思います。安いだけあって着火装置なんか付いてません😅 (最後に使ったのがいつだったか?まったく覚えてないぐらいお蔵入りしてました😆) * * * この中華製バーナーですが、なかなか良く出来ていて、コンロ部分と支柱部分が分かれているタイプで、かなりコンパクトになります。大きさを例えるなら、豆腐半丁分よりひと回り小さいぐらいです。 * * 火力のほうは。。。まぁ中華製なのでフツーとしか言いようがありませんが、使用感はそんなに悪くないです🤗 * * * それと。。。チラッと写っているキャンプマニアのアイアンテーブルも久々に使ってきました! * * いいテーブルなんですが、いかんせん重いので、蔵の一番奥の定位置に戻りましたとさ😅😅😅 * * * * * #キャンプ #ソロキャンプ #防災用品 #防災グッズ #ガスバーナー #中華製 #キャンプマニア #アイアンテーブル #お蔵入り #キャンプギア #キャンプ道具 #メスティン #キャンプゴミ0

A post shared by ひろし (@hiroshi_no_camp) on


ソロキャンプに欠かせないのがガス(シングル)バーナー。一人用のコンロのようなもので、お湯を沸かしてラーメンを作ったり、目玉焼きを焼いたりするのに最適。一体型と分離型があり、また「LPガス」を使うものと「ホワイトガソリン」を使うものがあります。最近ではカセットコンロでもおなじみのLPガスを使ったバーナーが手軽で安価なので人気があります。

着火用ライター


焚火台やBBQコンロを使用して火をおこす場合には、着火用ライターが必要です。炭のほかに新聞紙や割り箸などを燃えやすいものを準備しておくとスムーズに火おこしができます。


焚火台やBBQコンロを使用する際には炭が必要です。炭はネットや量販店などで購入することができます。残った炭は湿気の少ない場所で保管しましょう。

おすすめの調理道具4選

調理の準備がととのったところで、おすすめの調理道具をご紹介します。人気の調理鍋・調理道具といえば、ダッチオーブンやスキレットなど。作る料理によって選ぶといいですね。キャンプに行けなくてもおうちでアウトドアレシピを楽しむこともできますよ。

ダッチオーブン

ローストビーフやローストポーク、煮豚などが簡単にできるダッチオーブン。鍋に厚みがあるので中身が均一の温度に保たれ、食材にじっくり火を通すことができます。圧力鍋のように栄養を逃すことなく柔らかく仕上がるのが特徴です。キャンプ飯で検索するとダッチオーブンを使った様々なレシピがヒットします。

スキレット

スキレットは浅い鉄製のフライパンのことで熱が均一に伝わり、保温性が高いので調理に最適です。料理が完成したらそのままテーブルに並べることができ、見た目もおしゃれ。パエリヤやアヒージョなども手軽に作ることができます。日常的におうちで使用している方も。

メスティン

メスティンとはスウェーデンの会社が作っている長方形のアルミ製飯ごうのことです。取っ手がついていて、シングルバーナーでもご飯を炊くことができるのでソロキャンプでも大活躍!ご飯を炊くほかにもラーメンを作ったり、野菜を調理したりすることもできます。

クッカー

クッカーはアルミやステンレス、チタンでできた鍋全般のこと。熱伝導率が高く、焦げ付きくいアルミ製のものやノンスティック加工が施されたものがおすすめです。最近はコンパクトに収納できるスタッキングセットが人気。家族の人数に応じてサイズを選びましょう。カレーやスープなどに適しています。

おすすめの調理道具を使った簡単レシピ

キャンプ用調理道具を使った簡単レシピを集めてみました。初めてキャンプでダッチオーブンやスキレットなどを使うという方はまずおうちで一回練習してみると安心です。またあらかじめ自宅で下ごしらえをしておくのがポイント!。

ダッチオーブンでタンドリーチキン

作者:tomatooooooo

【材料】
とり手羽元 250g
塩 ひとつまみ
カレー粉 小さじ1
ヨーグルト 大さじ2
ニンニクチューブ 1cm弱
生姜チューブ 1cm弱
醤油 小さじ1

詳細ページ

ダッチオーブンでパエリア

作者:くっきんぐまみー

【材料】
米 2合
オリーブオイル 大匙3
にんにく 1片
玉ねぎ 1/2個
ズッキーニ 1/2本
赤ピーマン 1個
★サフラン ひとつまみ
★水 50mL
海老(無頭)8匹
あさり 260g
レモン 1/2個
コンソメキューブ 1/2個
塩コショウ 少々
水 350mL

詳細ページ

ホットケーキmixで簡単!スキレットでちぎりパン風


作者:aka.ru☆

【材料】
ホットケーキmix 200グラム
卵 1個
牛乳 50CC
バター 20グラム
油 大さじ1位

詳細ページ

ズッキーニとトマトのカレーチーズ焼き

作者:*ももら*

【材料】
ズッキーニ大 1/2本
トマト 大1個
ベーコン 40g
カレーパウダー 大さじ1/2
塩コショウ 適量
とけるチーズ 30g

詳細ページ

メスティンでカオマンガイ

作者:はる012

【材料】
鳥もも 一枚の半分
無洗米 一合
万能ネギ 少々
三葉 少々
しょうがチューブ 3センチ
ニンニクチューブ 3センチ
醤油 小さじ1
ナンプラー 小さじ2

詳細ページ

まとめ

美味しいキャンプ飯ができるまでの流れ、おわかりいただけましたか?完成した料理を囲んでおしゃべりするのが楽しいのはもちろん、作る過程も楽しめます。十分な下準備と便利な調理道具があれば、誰でも美味しい料理を作れますよ!