未分類

ブッシュクラフトや薪割で活躍のアウトドアナイフ10選☆ベテランキャンパーはみんな持ってる!?

キャンプ上級者が必ずと言っていいほど持っているのがアウトドアナイフ。タフでワイルドな見た目もアウトドア気分を盛り上げます。こちらではシーナイフとフォルディングナイフの2種類をご紹介。様々な用途に使用できますので一本あると重宝します。

アウトドアナイフは使い道いろいろ

調理に

アウトドアナイフにはいろいろな用途がありますが、もちろん野菜や肉を切ったり調理に使うこともできます。皮の厚い果物なども切れ味の良いアウトドアナイフがあれば安全に切ったり剥いたりすることができます。

薪割に

アウトドアナイフの最適な使い方はやはり薪を割ったり、フェザースティックを作ること。アウトドアナイフがあれば枝の先を削って火が付きやすいフェザースティックを作るのはお手の物です。

ブッシュクラフトに

最近よく耳にするブッシュクラフトでもアウトドアナイフは活躍します。ブッシュクラフトとは文明期の力に頼らず、ナイフや石などを使って自然と共存するアウトドアスタイルのこと。ブッシュクラフトではキャンプに必要な道具をDIYで作ったりするのでアウトドアナイフが欠かせません。箸だって木の枝で簡単に作れちゃいます。

アウトドアナイフの種類

アウトドアナイフにはシースナイフとフォルディングナイフの2種類があります。それぞれの特徴をご紹介します。

シースナイフ


シースナイフとはナイフの刃の部分と持ち手の部分が一体になったナイフのことで折りたたむことはできません。刃の部分を鞘(シース)に収めることからシースナイフと呼ばれています。シースナイフは用途に応じて選びます。枝を切ったり、薪を割るのは大きめで頑丈なフルスタングがおすすめです。フルスタングとは刃の部分の鋼が持ち手部分まで通って一体化しているモデルのことです。

包丁代わりに調理に使うのであれば、中型で細身のもの、握りやすいものがいいですね。頑丈なものほどサイズや重量が増え、女性では扱いにくいものもあるので、使う人によってベストなものを見つけましょう。

フォルディングナイフ


フォルディングナイフは刃の部分をハンドルの中に収納できるタイプのナイフのこと。コンパクトで持ち運びに便利ですが、シースナイフのように固いものや大きなものを切ることはできません。ロープを切ったり、フェザースティックを作ったり、比較的細かい作業に向いています。ポケットに入れて持ち運びやすく、ロック機能付きなのでファミリーでも安全です。ねじ回しやハンマー、ワンタッチ機能など機能性に優れている商品も多く登場しています。フォルディングナイフはデザインもおしゃれで持っているだけでテンションが上がります。

アウトドアナイフのお手入れ方法

最近のアウトドアナイフは錆びにくく丈夫に作られていますが、お手入れを怠ると錆びてしまったり、刃先がぼろぼろになってしまいます。アウトドアナイフのお手入れは、使用後汚れをふき取って真水で洗います。この時、ハンドル部分に水がかからないように注意しましょう。とくに木材は水に弱く、水分を吸収してしまいます。その後は乾いた布などで水気をふき取ってから乾燥させます。火であぶったりして乾燥させるのはNG。刃とハンドルの間部分に水分が残らないようにすることも大事です。

アウトドアナイフの研ぎ方

包丁と同じでナイフも使っているうちに切れ味が悪くなってきます。切れないまま使用するのはナイフにもよくないですし、危険です。ナイフを研ぐのには砥石を使いますが、使用前には水に浸して滑りをよくしておきましょう。

難しいのはナイフを研ぐときの角度です。ポイントとしては、まずはナイフを砥石に寝かせて研ぎはじめ、徐々に起こしていきます。気になる部分を集中的に研いだあとは、全体を研ぎます。研ぐときは力を入れ過ぎず、砥石の全体を使って研ぐようにします。

おすすめのシーナイフ5選

created by Rinker
MOSSY OAK
全長:27.5cm、刃体長さ:14.5cm 重量:300g
素材:ステンレス鋼
こちらはブレードを挟み込んだ堅牢なフルタング構造で、サイズは大きいですが握りやすく、力を入れやすくできています。グリップ部分は天然ウッド材できていて、高級感があります。専用収納シースの背部にクリップが付いているので、ベルトに付けて、携帯しやすい!

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
刃体の長さ:約10.4cm 全長:約21.9cm 刃厚:約2.5mm 重量:約84g
ブレード素材:ステンレススチール ハンドル素材:ラバー
モーラナイフは強度の高いカーボンスチール製が人気ですが、サビやすいのがデメリットです。アウトドアナイフ初心者にはラバーハンドルで滑りにくく、サビにくいステンレスの方が扱いやすいのでこちらのコンパニオンMGがおすすめ。

created by Rinker
エルクリッジ
全長:19.8cm 刃長:8.3cm 刃厚:3mm 重量:136g
鋼材:440 ステンレス
「エルクリッジ」は映画のレプリカナイフの製作で有名なメーカーです。切れ味抜群のハイクオリティで見た目もおしゃれ。緩やかなカーブを持つブレードは幅のあるドロップポイントでスキニング(皮はぎ)に適しています。ブレードには耐食性に優れた440ステンレス鋼材を使用しているので長く使えます。バールウッドのツートーンカラーハンドルは、持ちやすく重量感があります。

created by Rinker
オピネル(OPINEL)
サイズ:9.1 x 2.6 x 1.7 cm 重量:0.08ℊ
素材:材質ブレード/ステンレススチール ハンドル/ブナ
暖かみのある木のハンドルがオピネルのハンドルの特徴です。錆びにくくお手入れも簡単なのでキャンプ初心者にもおすすめ。セーフティーロック機能搭載で、ブレード根元にあるセーフティーリングを回すと、起こしたブレードが倒れてこないようロックできます。包丁としても使えるサイズで肉や魚をさばいたり、キャンプ飯作りにも活躍します。

created by Rinker
ジー・サカイ(G・sakai)
全長:280mm、刃渡り:140mm 刃幅:28mm、刀身厚:2mm 重量:約90g
ブレード材/6A ステンレス鋼 ハンドル材/硬質ゴム シース/中硬プラスチック
こちらはアウトドアでの調理に便利なシースナイフ。ブレードは、超硬鋼材の440Cステンレスで耐久性にも優れています。ステンレスは錆びにくい材質ですが、長く使用するためには定期的なメンテナンスをおすすめします。

おすすめのフォルディングナイフ5選

created by Rinker
Wlikn
全長:約20cm 閉長:約11.5cm 刃長:8.8cm 柄長:11.2cm刃幅:3cm 刃厚:0.3cm重量:140g
刃材質:3Cr13ステンレス 柄材質:アルミハンドル
こちらは硬度の高い折りたたみナイフで耐食性、耐摩耗性に優れています。料理はもちろんロープ,枝や缶詰なども切るのもラクラク。薄型で携帯しやすく、三重ナットベルトと人体工学に基づいたハンドル設計で握りやすい。ポケットクリップ付きでベルトに挟むこともできます。

created by Rinker
FYLINA
全長:20cm 閉長:11.5cm 刃長:8.8cm 柄長:11.2cm刃幅:3cm 刃厚:0.3cm重量:140g
素材:3Cr13ステンレス ハンドル:アルミ 
こちらはHRC56と高い高度で耐久性に優れた折りたたみナイフです。表面には、サビを防ぐブラックコーティングが施されています。人間工学に基づいたハンドル設計で、滑りにくくしっかり握ることができます。クリップは取り外したり、ナイフを収納する際にしっかり固定しておくことが可能です。ハンドルには使用中に誤って閉じないようにロックが付いていて安全です。ハンドルの後端にはハンマーも付いています。

created by Rinker
VICTORINOX(ビクトリノックス)
サイズ:3 x 3 x 13 cm; 100 g
素材:ブレードハンドル
こちらはベテランキャンパー向けに開発された「ハンティング Pro」。調理はもちろん、薪割やロープを切れるほど丈夫ですが、サムホール付きのブレードは片手でも簡単に取り出せます。人間工学に基づいたハンドル形状により、滑りにくく力を入れやすい。マジックテープ付きの専用ケースはサイズ調整ができ、安全に収納できます。

created by Rinker
Spyderco  スパイダルコ
サイズ:16.5 x 6.4 x 2.5 cm 重量:0.07ℊ
SPYDERCOの中でも洗練されたスチール刃とscrew-together構造が人気のナイフ。耐久性に優れ、お手入れも簡単。ハンドル部分には強化ナイロンFRN (ファイバーグラス)使用、人間工学に基づいた滑りにくいデザインです。ずっしりと重量があり、高度も鋭さもぴか一の逸品です。

created by Rinker
Buck
刃長:9.5(cm) 収納時:12.4(cm) 重量:204(g) ブレード鋼材:420HC
1902年創業のBUCKナイフ社は、100年以上もの間世界のナイフ界をリードしてきました。1964年の発売以来、全世界にロックバック式フォールディングナイフを広め、スポーツナイフの礎を築いたモデルです。今もなおフォールディングナイフの定番として人気の商品で、スポーツナイフの代名詞ともいえるモデルです。

まとめ

アウトドアナイフってかっこいい!その一言に尽きます。ちょっとした作業にはフォルディングナイフ、薪割などにはシースナイフがいいですね。ただし、あくまでもアウトドアナイフはキャンプなどの作業用なので街中で持ち歩いたりするのはNGですよ。