キャンプ用品

キャンプなのにまるでおうちのベッド!快適に眠れるおすすめのエアベッド・エアマット8選

キャンプにいくとよく眠れない、それは地面が硬いのが原因かも。そんな人におすすめなのがエアベッド。エアベッドなら地面の硬さや冷気から体を守ります。空気を抜いて収納できるので持ち運びもラクラク。こちらではふわふわ柔らかで快適なおすすめのエアベッド・エアマットをご紹介します。

エアベッドの選び方

コットもいいけどやっぱりエアベッド!というベテランキャンパーは少なくありません。エアベッドはキャンプ中でありながら、まるで自宅にいるようなふわふわで快適な寝心地を約束してくれます。最近ではグランピング人気もあって、優雅にくつろげるエアベッドが人気です。空気の量によってお好みの硬さに調節できるのもエアベッドの魅力です。

エアベッド選びのポイント

サイズ

エアベッドにはシングル、ダブル、クイーンなど一般的なベッドと同じようにいくつかサイズがあります。家族で使うのか、一人で使うのか考えてサイズを選びましょう。

厚み

エアベッドの魅力は空気による厚みで地面の硬さや凸凹、冷気から体を守ってくれること。より厚い方が地面からの影響を受けにくくなります。最近では厚さ46㎝といいう極厚のエアベッドも登場していて人気です。

耐久性

一昔前のエアベッドはすぐに穴が開いて空気が漏れてしまうことがありましたが、最近では破れにくいシームレス生地を使用するなど耐久性もアップしています。素材や製法にこだわった商品ならすぐに空気が抜けてしまうということはないようです。

空気の入れ方

大きくて厚みのあるエアベッドは空気を入れるのも大変です。別途電動空気入れで空気を入れる必要があります。ただし、最近では電動空気入れが内蔵されているものもあり、そちらなら約3分程度で簡単に膨らみます。電動ポンプや内臓ポンプは空気を入れるだけでなく、抜くときにも役立ちます。

耐久性がアップしたといってもエアベッドは構造上、子供が乗ってジャンプするなど乱暴に扱うと破れてしまうリスクがあります。収納時の折りたたみ方にも注意が必要です。また耐荷重をチェックし、負担をかけ過ぎないようにしましょう。

エアベッドの口コミ

View this post on Instagram

こんにちは◡̈ . . アラフォーキャンパーの我が家。 念願のこちらを導入しました。 . . 今までは 「インナーシート+銀マット2枚+寝袋」 で寝ていたんですが 翌朝は体がバキバキになるんだよね(T_T) . . 2連泊は睡眠の不安しかなかったので こちらのエアベッドを導入してみたら… まぁすごい♡ . 全く地面を感じることなく 家のベッドで寝てるかのような錯覚に陥りました。 . . エアベッドってボワンボワンして 寝心地悪いとか聞きますが 全くそんなことはなく! 動いたら当然揺れるけど、 横になった時は快適しかないです♡ . . わたしは低反発マットだと沈みすぎて腰が痛くなり、 かといって硬すぎるのも合わないという 難しいお年頃なのですが このエアベッドは全く大丈夫でした。 . . やはり快適な睡眠が取れると 次の日も思いっきり楽しめるので これは取り入れて正解♡ . . キャンプの朝は鳥のさえずりと日の出と共に。 というくらい早いんですが これからは寝坊してしまいそうです。 . . . #キャンプ #アウトドア #北海道キャンプ #エアベッド #intex #インテックス #テント泊 #インナーテント #グランピング #エアマット #ランドロック #スノーピーク #ファミキャン #ファミリーキャンプ

A post shared by m.home (@may__m34) on

View this post on Instagram

#過去pic この前のキャンプでは、ツールームテントのインナーテントを張らずに、コット2つとダブルサイズのエアベッドで寝ました( ¨̮ )✯  ・ 4人家族で子供たちも大きくなり、コット2つでは足りず、いつも使っているエアベッドも追加🤲パパと息子はコット、娘と私はエアベッド泊⠉̮⃝︎︎ ・ みんな快適に朝まで爆睡でした✯ ( ¨̮ ) ・ #quickcamp のコットは、高さもちょうど良く、コット下に 愛用してる #jkm の #トランクカーゴ も収納出来て、めっちゃ使い勝手が良いです😁👍 ・ #camp #familycamp #キャンプ #ファミリーキャンプ #ファミキャン #コールマンテント #タフスクリーン2ルームハウス #ツールームテント #インナーテントなし #お座敷スタイル #朝まで爆睡 #クイックキャンプ #コット #エアベッド #コット泊 #テントの中 #jackandmarie #コンテナボックス #収納便利 #お手頃価格 #キャンプ最高 #キャンプ行きたい

A post shared by 70B&B☺︎︎︎︎ (@pamacoo70) on

おすすめのエアベッド・エアマット8選

キャンプ人気が高まって購入する人が増えているエアベッドですが、最近の主流は極厚タイプ。厚みが40㎝以上のものが最高に寝心地がよく人気です!

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
サイズ:幅135cm×奥行185cm×厚さ23cm(ダブルサイズ)

キャンプなどアウトドアでおすすめのエアベッド。膨らませると23mの厚みがあるので地面のごつごつや冷気をシャットアウト。表面は肌触りのいいベロア調の素材を使用しているので寝心地抜群。折りたたむとコンパクトになるので移動や収納にも便利です。

created by Rinker
Deeplee
サイズ;幅203×奥行152×厚さ23cm

千本の高密度ポリエステル繊維による快適な寝心地と高い耐久性を実現したエアベッド。帯状の構造は体に凹凸感をさせない上に、十分に体を支えてくれます。表面が凸凹状のエアーベッドより安定感も向上しています。電動エアーポンプで3-5分で膨らませることができます。

created by Rinker
DTOETKD
サイズ:長さ200cm×幅68~70cm×高さ7cm

DTOETKDエアマットはスピードアップのフットポンプが付き、足で踏むだけで僅か1-2分間に膨らませることができます。丈夫な密封性に優れた素材を採用ため、空気漏れの心配も要りません、一週間くらい経過しても空気が抜けません。

created by Rinker
MILcea
サイズ:200x152x厚さ46cm

最新技術により、サポート、快適性、耐久性を向上させたエアベッド。人間工学に基づいたマットレスで、睡眠中の姿勢をサポートし、体全体をリラックスさせます。最大荷重300kg)。極厚46cmの厚さで寝心地は抜群。100V電源のコンセント式電動ポンプが内蔵され、空気を入れることはもちろん、空気を抜くのも可能。スイッチを回すだけわずか3~4分間でエアベッドが膨らみます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
サイズ:幅約191×奥行約73×高さ約22

防災用品やレジャー用品として使用できる、簡易エアベッドです。簡単設置、コンパクト収納でいざという時にすぐ使えます。肌触りがよい表面加工と厚さ22cmのボリュームで、固い床でも底付き感を感じずに眠れます。専用ポンプで女性でも簡単に膨らませることができます。

created by Rinker
LANGRIA
サイズ:長さ191x幅99x高さ46cm

内部支柱にはアップグレードした新型の8の字構造を採用し、耐荷重量はなんと約500kg。電動ポンプ内蔵タイプのため、2~4分間でベッドが完全に膨らみます。

created by Rinker
Sable
サイズ: 203x幅99x厚さ46cm

人間工学デザインに基づいたエアーベッドでどんなポジションで寝ていても、各凹凸が体を点で支えてくれます。強力な電動ポンプが内蔵で、たったの3-5分で手間をかけずに空気の出し入れができます。シームレス仕上げで空気が漏れにくく、形崩れを起こしにくいので長く使えます。

created by Rinker
INTEX(インテックス)
サイズ:(約)幅76×長さ191×高さ22cm

アウトドアにはもちろん、ご家庭の急な来客にも対応するベーシックタイプの簡易エアーベッド。 小さくコンパクトに収納でき持ち運びにも便利。心地良いフロック加工の生地を表面に使用。ワイドバルブで空気の抜き入れがより早く可能。

まとめ

キャンプで活躍のエアベッド。一台あると来客時や災害時にも使用できてとても便利です。キャンプ中はレジャーなどで体が疲れるので、快適なエアベッドでぐっすり眠って疲れを取りたいですね。一度使ったらやめられなくなる高品質なエアベッド、とってもおすすめです!