キャンプ用品

キャンプ飯がもっと美味しく楽しくなる!おすすめのクッカーセット6選と選び方

キャンプでの食事は最大の楽しみの一つ。美味しいキャンプ飯づくりに欠かせないが「クッカー」。クッカーは焚火やグリルで調理ができて、形や素材も様々なものがあります。こちらではクッカーの選び方とおすすめのクッカーセットをご紹介します。スタッキングタイプならコンパクトに収納できて便利!

クッカーの選び方

便利でおしゃれなクッカーがたくさん登場しています。自分のキャンプスタイルに合ったものを選びましょう。

セット内容で選ぶ

クッカーはセットになったものがおすすめ。セット内容はそれぞれ異なりますが、鍋・フライパン・蓋・取っ手などが含まれます。クッカーは別々に買うとサイズや形状がばらばらになり、収納時にかさばってしまいます。スタッキングセットならすっきり重ねることができて持ち運びにも便利。これからキャンプを始めるという人はスタッキングセットを選びましょう。

素材で選ぶ

クッカーに使われている素材は主にアルミニ、ステンレス、チタンの3種類です。アルミは軽くて熱伝導率が高いのが特徴です。焦げ付きにくいので初心者でも扱いやすく、価格も安価でおすすめですが、保温性や耐久性が劣るのが難点です。

一方ステンレス製のものは重いけれどもさびにくく耐久性に優れています。ただし、熱伝導率が低いので焦げ付きやすいというデメリットがあります。同じくチタン製のものも熱伝導率が低くこげつきやすいですが、ステンレスやアルミに比べると軽量で丈夫です。アルミ、ステンレス、チタン、それそれ特徴がありますので、使いやすさや重量をチェックして選ぶのがおすすめです。

形で選ぶ

クッカーには私たちが普段使っている「丸形」のものと「角型」のものがあります。角型のものはパッキングしやすいのでソロキャンプに向いています。そのほかにも、ご飯が炊ける飯盒は丸みのある独特の形をしています。また鍋の深さによって調理できるものが違ってくるので、何を作りたいか考えて選ぶのもおすすめです。

みんなはどんなクッカー使ってる?

View this post on Instagram

・・・ お庭でアウトドア。 ・ お湯をいかに効率良く沸かすか、という遊び。 ・ 今回試すのは、噂のセリアストーブ。 今更感はあるけど、とにかく試す。 ・ ・ ・ 結果は、このストーブ最高かもしれん、ということ。 ・ 20mlのアルコールで、風防付きなら単純燃焼が12分。 550mlの水は8分で沸騰する。 ・ さらに、フタを使って消火もできるし、パッキン工夫すれば余ったアルコールのキャリーも可能な予感。 ・ これからしばらく一軍で使って、問題なければアルプスデビューかな ・ ・ RedBullパイセンはしばらくお休み。 ・ #myog #ulgear #ultralight #アルコールストーブ #カーボンフェルト #ウルトラライト #ハイキング #トレッキング #登山 #山歩き #私の山道具 #クッカーセット

A post shared by yoji (@yoji8803) on

クッカーがあればこんなことができる♪

コーヒーを淹れる


少し深めの鍋でお湯を沸かせばすぐにできたてのコーヒーを淹れることができます。

ラーメンを作る

インスタントラーメンでも袋めんなど手軽な夜食におすすめのラーメン。卵やかまぼこも一緒に調理!

ご飯を炊く

飯盒を使えばふっくら美味しいご飯が炊けます。旬の食材で炊き込みご飯にもチャレンジしましょう。

おつまみを作る

お酒をたしなむ人におすすめなのがクッカーで作るおつまみ。アヒージョやソーセージ、ベイクドポテトや焼きとうもろこしなどお酒が進みそうですね。

朝ごはんを作る

クッカーがあれば朝ごはんもラクラク。目玉焼きやベーコンをやいたり、パンケーキを作ったり、クッカー一つでいろいろな朝ごはんが作れます。

おすすめのクッカー6選

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
セット内容::クッカーL/φ150×72mm・クッカーS/φ128×69mm・フタL/φ155×32mm・フタS/φ134×30mm

チタン製浅型ソロクッカーセット。大小2個の浅型クッカーのセットなので、調理はもちろん食器としても使いやすくおすすめです。コンパクトに収納が可能な専用のメッシュケースが付属します。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
セット内容:20cm鍋・16cm鍋・フライパン22cm・ケトルクッカー900ml・取っ手

こちらは安心の日本製クッカーセット。コンパクトに収納でき見た目にもおしゃれなステンレス製。ソロキャンプにも最適です。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
セット内容:ライスクッカー・アルミクッカー・ フライパン・兼用フタ・ツマミ・ハンドル

調理の楽しみを重視した黒川鉄板のフライパンと熱伝導に優れたアルミ製ライスクッカーのセット。ライスクッカーは、1~3合炊目盛付き。吹きこぼれを軽減しおいしいご飯を炊くことができます。フライパンはコーティングのない黒皮鉄板製。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
セット内容:フライパンΦ約16..5cm・ポットΦ約15.3cm

こげつきにくいノンスティック加工をしたアルミ製軽量クッカーセット。持ち運びに便利なメッシュポーチ付き。底はスパイラル加工でゴトクの上でも滑りにくい。内側は焦げ付きを防止するノンスティック加工。

created by Rinker
BGVANG
セット内容: 鍋 ・フライパン・ ケトル ・収納袋・ スプーン・フォーク・ナイフ

クッカーは超軽量アルミニウム素材で作られており、熱を素早く伝導し、高温と摩擦に耐えます。折りたたみ式のアーム付きで、持ち運びが簡単。取っ手とふたはシリコン材料でできているのでやけどを防いで安全です。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
セット内容:ナベ径9.4×深さ11.8cm・フタサイズ径9.5×深さ 5.8cm

チタンの特殊薄板を使用する事で、約20%の軽量化に成功。使い易さと軽量化を両立させた一人用セットはソロキャンプに最適です。

クッカーのお手入れ方法

調理に使うクッカーは衛生面でもしっかりお手入れする必要があります。キャンプ場では軽く洗う程度でも、帰宅したらブラシやつまようじなどを使って持ち手や金具のまわりなどに入り込んだ汚れをしっかり落としましょう。たわしや研磨作用があるスポンジなどで洗うと細かい傷がついたり、コーティングがはがれたりしてしまうので要注意。

クッカーの素材によっては水分が残っていると錆やカビの原因になることも。スタッキングするのも完全に乾燥させてからにしましょう。鉄製の鍋などは空焚きすることもありますが、クッカーは空焚きすると変形することがあるのでNGです。

まとめ

見た目にもおしゃれで持ち運びに便利なクッカーセット。いろいろなタイプがあって迷いますね。こちらでは人気のアウトドアメーカーの商品を中心にご紹介しました。サイズや素材を確認し、自分にとって使いやすいクッカーを見つけてください。クッカーセットはツーリングや登山など様々な場面で活躍します。