キャンプ用品

冬キャンプで注目したいtab.缶ストーブSE!マルチに使えて見た目にもおしゃれ!

秋冬キャンプを予定しているなら注目のtab.缶ストーブSEをチェックしないと!使いやすさをそのままに全モデルからさらにバージョンアップしました。見た目がおしゃれなだけでなく、調理にも焚火にも使用できます。炭、薪、練炭などどんな燃料も使えるので、災害時の備えとして一台あると安心です。こちらではtab缶ストーブの魅力に迫ってみました!

tab.の缶ストーブの魅力とは?

田中文金属HPより

tab.缶ストーブは大阪に本社のある田中文金属の人気商品。田中文金属ではおもに作業用品、アウトドアギア、防災用品の企画・製造・販売を行っています。tab.とはtanakabunのアルファベットtabをとったブランド名。また同時にtab.は「つまみ」「でっぱり」という意味も持つのでほかのものに埋もれないでちょっとでっぱったモノという意味合いも含まれています。

どんな燃料も使える

tab.缶ストーブSEの最大の魅力はなんといってもいろいろな燃料が使えることです。缶ストーブSEでは木炭、練炭、豆炭、薪、固形燃料、枯れ葉、落葉、松ぼっくりなどを燃料として使うことができますので、燃料に応じて別のストーブや焚火台を購入しなくていいというメリットがあります。バーべキューや煮込み料理などの調理器として、暖を取る焚火台としても使用可能です。

着火が簡単

缶ストーブSEなら枯れ枝や新聞紙を使って簡単に着火できます。焚火やグリルの着火はキャンプ初心者にはハードルが高いですが、缶ストーブSEなら誰でも簡単に着火できます。

燃焼効率がいい

田中文金属HPより

缶ストーブSEは独自新機構のストリームベースで燃焼効率がアップ!本体上部に薪の投入口があり、その下に吸気/着火口があります。吸気口から取り込まれた空気がストリームースによって分散されて上昇するため効率よく燃焼します。

蓋がゴトクに

蓋の部分に穴が開いていてゴトクになるのでぐらぐらせず鍋が安定します。ダッチオーブンを使った煮込み料理にも最適。吸気口から取り込む空気の量で火力を調節することができます。火力をアップさせたいときは火吹き棒などを使うといいですね。網も付いていますので肉や野菜を焼くこともできます。

コンパクトで持ち運びもラクラク

重さはわずか1240ℊでとてもコンパクト。パーツは全て分解できますので組み立てやお手入れが簡単、手軽に消耗品の交換ができます。ハンドル部分には火バサミの横滑りを防止するくぼみがついています。

見た目がおしゃれ

田中文金属HPより

アルミメッキ・ステンレス製の本体は見た目にもおしゃれ。飾り気のない武骨な外見はキャンプの雰囲気をぐんと盛り上げてくれます。

コストパフォーマンスが抜群

tab.缶ストーブの本体はなんと定価5400円。人気のアウトドア用ストーブは多数ありますがこれほどコストパフォーマンスに優れた商品はないかも。前モデルに比べ耐久性もアップし、定期的にメンテナンスすることで長く使うことができます。

tab.缶ストーブ口コミ

View this post on Instagram

津志田河川自然公園🏕 ・ 連休中の唯一の休暇でしたが、疲労困憊のため近場でちょっと火遊び(*・ω・)ノ ・ デイなのでハンモックと昨日購入した缶ストーブを持ってお肉を焼いてきました😊 缶ストーブ、炎も綺麗に立ち上がるし暖かいしで予想以上に良かったです👍 薪の消費凄いけど…w ・ 高級お肉とお昼の食べ残しハンバーグを同時に焼いたりましたゎ(*ノ∀`*)タハー #津志田河川自然公園 #乙女河原 #熊本キャンプ #キャンプ #デイキャンプ #缶ストーブse #tab. #ddハンモック #お得にお肉買えました #情報ありがとうございました #乙女河原極密状態

A post shared by Kazu.gangan (@gangan5498) on

tab.缶ストーブの購入はアマゾンまたは楽天で

created by Rinker
tab.(タブ)
【商品スペック】
材質:本体/アルミメッキ鋼板、ステンレス
編/スチール(クロームメッキ)
サイズ:直径196㎜ 高さ276㎜
重量:1240ℊ

まとめ

冬のキャンプはやっぱりストーブで暖を取りたいですよね。tab.缶ストーブならストーブとしてだけでなく、グリルや煮込み料理などにも活躍します。どんなものでも燃料になるので災害時にも心強い。焚火の炎で体を暖めながら冬のキャンプを満喫しましょう。