キャンプ用品

キャンプにおすすめのマグカップ!美味しいコーヒーの淹れ方もご紹介♪

キャンプの醍醐味の一つといえば、お気に入りのマグカップでコーヒーを飲むこと。焚火の炎を見ながら飲む一杯のコーヒーは絶品です!こちらではキャンプ映えするおしゃれなマグカップを集めてみました。素材によって特徴が違うのでチェックしてみて♪美味しいコーヒーの淹れ方もご紹介。

マグカップの種類

マグカップに使われている素材は様々で、それぞれ特徴があります。デザイン性や機能性をチェックしながらお気に入りのマグカップを選んでみてください。

ステンレス

キャンプ用マグカップで一般的なのがステンレス製のマグ。リーズナブルな価格なのに、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま、美味しく飲むことができます。重量があるのも存在感があっていい!という人も。耐久性に優れ、汚れがつきにいくいので長く使うことができます。

チタン

ステンレス同様に丈夫で錆びにくく保温性に優れているといえばチタンのマグ。直火にも対応していますが、熱伝導率が低いので口元が熱くなりません。軽量で持ち運びしやすく、金属特有の臭いもありません。他の素材よりも若干コストがかかるのが難点です。

ホーロー

ホーローは食器や鍋によく使われる素材で、カラフルでおしゃれなデザインが特徴。焦げや汚れを落としやすく、お手入れが簡単。保温性があってさびにくいというメリットがある一方で衝撃に弱く傷がついたり、へこんだりしてしまうことも。

シリコン

シリコンマグはカラフルでキュートなものがたくさんあります。フィット感があって滑りにくいので子どもでも持ちやすい。軽量なうえ、折りたたんでコンパクトに持ち運びできるのでアウトドアに最適です。フードグレードのシリコンを使ったものなら安心ですね。

ステンレスやチタンではダブルウォール構造のものがおすすめ。二重になっているのでシングルウォールのものより熱を逃しにくく、厚めの口当たりです。その他にもスタッキングできるものや持ち手を折りたためるものは収納しやすくて◎。ただし、持ち手の素材によっては汚れが溜まりやすかったり劣化しやすいこともあるので注意しましょう。

美味しいコーヒーの淹れ方

① コーヒー豆を挽く
出来れば挽きたてのコーヒー豆を使うのがおすすめ。手挽きミルを持参して挽きたてを楽しむ本格派も。
② 粉を計る
1人分(120ml)の標準量は約10g、2人分なら約20g、3人分なら約30gがベスト
③ 蒸らす
沸騰したお湯を少し冷まし(90度前後)粉全体が湿る程度にまず少しだけお湯を注ぎます。その後30秒ほど蒸らします。
④ お湯を注ぐ
中心で「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。人数分のお湯を数回に分けて注げば出来上がりです。

キャンプのプロに学ぶ美味しいコーヒーの淹れ方を動画でご紹介


みんなのマグ見せて!

View this post on Instagram

1年間ふたりキャンプを支えてきたコールマンマグカップです! 取っての色が黒と赤の2種類! ダブル構造なので保温性もあります! なりよりかわいくないですか?☕️ 是非一度お試しあれ! ふたりキャンプのブログも(@futari_camp)←ぜひチェックお願いします。プロフィールからブログのリンクをタップ! #ふたキャン#ふたりキャンプ#キャンプ#キャンプ用品 #キャンプ道具 #キャンプ道具紹介 #キャンプギア#キャンプ初心者 #キャンプ飯 #キャンプご飯#キャンプごはん#キャンプ場#キャンプ好き#キャンプ好きな人と繋がりたい#キャンプ女子#アウトドア#アウトドア料理 #アウトドア用品 #アウトドア道具#アウトドアギア#camp#camping#campgear#コールマン #Coleman#ダブルステンレスマグ #コールマンマグ#キャンプマグ#キャンプ茶#キャンプコーヒー

A post shared by のぼる君(ふたりキャンプ) (@futari_camp) on

おすすめのマグカップ9選

ステンレス製

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
容量:350ml
中空二重構造で冷めにくい、ミラー加工仕上げのダブルステンレスマグカップ。素材に錆びや衝撃、汚れにも強いステンレスを使用しているので長持ちします。保温・保冷効果に優れ、持ち手部分もステンレス製なので、汚れが溜まりにくくお手入れもラク。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
容量:300㏄
ステンレス2層構造になっているため、保温性に優れた300mlマグカップ。持ち手のレッドがアクセントになっていてアウトドアで映えるおしゃれな逸品です。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
容量:370ml
新潟県燕市という金属洋食器国内最大の産地で培われた知識と技をベースに使いやすさを追求し細部までこだわった商品。安定しているのでドリッパーもしっかり装着できます。リュックにマグカップを外付けして持ち運びもらくらく。

チタン製

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
容量:220ml
二重構造(ダブルウォール)で保温性を考えたチタンダブルマグ220ml。スタッキング可能なデザインです。サイズは直径70mm、高さ80mm。重量は75g。フォールディングハンドル仕様で、収納時には折り畳むことができます。金属の中でも硬くて伸びにくく加工が難しいとされるチタニウムを使用。シングルウォールよりも口元が厚く、柔らかな口当たりを実現しました。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
容量:230ml
信頼度の高い日本製。ステンレス鋼60%でとにかく軽いのが魅力。同サイズのカップとスタッキングできるので、コンパクトに収納できるのもポイント。チタンは熱伝導率が低く熱いコーヒーを入れても、カップにつけた唇が熱くなりません。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
容量:380ml
収納しやすい、折りたたみ式ハンドルの付いたマグカップです。チタン製なので軽量で扱いやすい。直火もOKなので手軽に温め直しができます。

ホーロー製

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
容量:400ml
ホーローは優れた耐久性・耐酸性に優れています。匂いが移りにくい、雑菌が繁殖しにくいので食材の本来の風味を楽しめます。丸いフォルムが特徴の飽きのこないシンプルなデザインです。

created by Rinker
ペトロマックス(PETROMAX)
容量:径9×8.2cm
こちらはおしゃれなペトロマックスのエナメルマグ。オリジナルロゴがかっこいいと人気です。大きすぎず、小さすぎず最適なサイズです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
サイズ:約直径9×高さ8cm
シンプルなデザインの琺瑯食器。スープにも便利な広口マグカップです。

created by Rinker
GENTLEMEN'S HARDWARE(ジェントルマン ハードウェア)
サイズ;8.89 x 11.43 x 8.26 cm
アウトドア用品らしい、おしゃれなエナメル性のマグ。マグカップには”Hit the road (さあ、出かけよう)”の文字入りです。

シリコン製

created by Rinker
シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)
容量:480ml
縁の硬いリングがカップに剛性を持たせ、飲みやすいフードグレードのシリコンを使ったマグカップ。折りたむとコンパクトになるので、Xシリーズのクッカーに収納できます。型崩れしません。

まとめ

大自然の中で美味しいドリンクを楽しみたい!こちらでご紹介したマグカップなら見た目も機能性も満足すること間違いなし。もちろんキャンプだけでなく、日常使いにもおすすめです。これから寒くなるとますます温かい飲み物が恋しくなります。お気に入りのマグカップで秋冬キャンプを満喫しましょう。