初めてのキャンプ

キャンプ初心者でも簡単な火の起こし方!火起こしのポイントと必要道具をご紹介

キャンプの楽しみといえば食事や焚火。でも、どちらも自分で火を起こす必要があります。火起こしに時間がかかって食事やレジャーが楽しめなかったということないように火の起こし方をしっかりマスターしましょう!こちらで着火剤を使わない火起こしの方法や必要な道具をご紹介します。

火起こしには何が必要?

今回は直火が禁止のキャンプ場で焚火台やグリルなどに火を起こす方法をご紹介します。初心者はライターと炭があれば簡単に火が起こせると思いがちですが、そう簡単にはいきません。そう、実は大事なのは道具よりも準備なのです。火起こしの方法を伝授する前に、まずは火起こしの道具についてご紹介します。

焚火台やグリル、ストーブなど

キャンプ場のほとんどが直火禁止なので、火を起こすためには焚火台やグリル、ストーブなどのツールが必要になります。焚火台やグリルは効率よく燃料を燃やす構造をしているので、いったん火起こしが成功すれば長時間強い火力を保つことができます。

燃えやすいもの

炭や薪は強い炎で長時間燃えてくれますが、ライターで直接火をつけようとしてもうまくいきません。まずは丸めた新聞紙や割り箸、木の枝など燃えやすいものを使って火種を作る必要があります。新聞紙は火起こし以外にもゴミ袋にしたり、油でべとべとになった鍋や皿を拭くのにも役立つので必ず持っていきましょう。

炭や薪

火起こしには薪や炭が必要です。いずれも量販店やキャンプ場で直接購入することが可能です。キャンプ上級者になると薪として使う木材の種類にもこだわるようになります。ただし拾った生木を直接燃やそうとすると大量の煙が発生するので要注意です。

着火用ライター

点火棒 点火棒ライター ユーティリティライター

着火用ライターを忘れると悲惨です。原始時代のように木の摩擦で火を起こすわけではないので着火用ライターは必須。ちゃんと使えるかどうか出発前に確認しましょう。

軍手

やけどやケガを防ぐためにも必ず火起こしの際には軍手を着用しましょう。キャンプ用グローブを選ぶ際には厚みや耐熱温度などをチェックします。火起こし以外にも様々な用途で使えますのでキャンプの必需品です。目に火の粉が入ることもあるのでゴーグルもあると安心です。

火起こしの流れとポイント

火起こしはどれだけ難しいんだろうと不安になった方もいると思いますが、火が付く原理を理解し、しっかり準備すればわずか5分で火を起こすことができます。火起こしにはいくつか方法がありますが、こちらでは炭と新聞紙を使った着火剤なしの火起こし方法をご紹介します。

火起こしの流れ

① 焚火台やグリルを準備します
        ⇓
② ちぎった新聞紙をねじったものを10本作ります。
        ⇓
③ ねじった新聞紙を真ん中に空洞ができるように縦横交互に煙突状に組んでいきます
        ⇓
④ 組んだ新聞紙のまわりを囲むように炭をできるだけ高く積みあげます
        ⇓
⑤ 積み終えたら、長めにねじった新聞紙の先に火をつけて、煙突の中心部に差し込みます
        ⇓
⑥約5分ほど放置(このとき炭を動かしたりしないように!)
        ⇓
⑦ 中に赤い炎が見えてきたら成功です!

●形の整った炭のほうが積みやすく使いやすい
●炭はできるだけ高く積む
●炭を積み終えたら動かしたり触ったりしない
●新聞紙の燃えカスが舞うので注意する

参考にしたい火起こし動画

人気のキャンプ動画でも火起こしの方法についてわかりやすく解説しています。



みんなも火起こし頑張ってます!

View this post on Instagram

ボーボーモクモクCAMP🐻🔥 キャンプを通して生きる力を身につけたいと思い始めた今日この頃。 まずは薪拾いと火起こしからパイセン方にご教示頂きました😚🙏🏻 #しかし山に入ればズッコケてしか無いおひげ #奇跡の二連チャン #英雄になる時が来たぞってセリフ吐いた瞬間のずっこけはもはや才能感じる #最後は英雄になれなかった男のせめてもの全力疾走 #愛おしきポンコツ ※動画再生の際は私の笑い声のデカさにお気をつけください🙊 . . . . . . . . . #焚き火#直火#野営#野営キャンプ#薪拾い#ブッシュクラフト#火吹き棒#ファイヤーブラスター #火起こし#タキビベスト#焚き火ベスト#スノーピーク#snowpeak #snowpeakapparel #アウトドアファッション#アウトドアコーデ#キャンプ女子#キャンプ#camp#camphack取材 #outingstylejp #camjyo#hinataoutdoor

A post shared by ゆーか☺︎🌿 (@yuuca__mp) on

View this post on Instagram

さて今日は待ちに待った第二回のBBQでした。 前回は火起こしに随分手間取りまして、火起こし壺ってのを買うつもりでしたが結局未だに買えてません。 色々ネットで見てたら西岡流火起こしってのが有りまして動画では結構簡単に着いてましたのでやってみる事に。 ご存知の方も多そうですが新聞紙1面分を4回折り畳んでそこから固く絞って棒状にした物を10本作り井形に組み上げます。 その周りに炭を立て掛けたり積み上げて煙突状にして、新聞紙を先ほどより少し長めに軽くねじった物の先端に火を着け、井形の一番奥に差し込んで後は待つだけです。 ちゃんと火が着けば物の5分で炭火が起こります。 井形の新聞紙はしっかり固く捻らないとあっと言う間に炭に火が移る前に燃え尽きてしまうのと、火着け用の新聞紙は逆に固く捻りすぎるとなかなか着火しないので注意が必要かなと思いました。 あと、炭の形が悪いと井形も不安定な為、崩れてイライラするかもしれませんw 井形に一旦火を着けたら炭に火が回るまで動かしたり風を送ったりしてはならないそうです。 ちょっと詳しい方なら良くご存知だと思いますが、煙突効果って言って自然の空気の流れを利用するそうで、こう言う事を理解してると炭を足す時も上手くやれそうですね。 所で話が変わりますが、今頃になって焚き火台とかシングルバーナーとか欲しくなってきました。夕方庭でやってたら怒られるかな?(笑) こう言うのって後片付けが非常に面倒なのについついやりたくなってしまう💦 最近、釣り&キャンプ系で結構有名な感じのYouTubeチャンネルばっか見てるので影響受けてます(笑) #バーベキュー #BBQ #おうちBBQ #焼肉 #バンドック #BANDOK #bd472 #炭火 #火起こし #西岡流着火法

A post shared by Kazunari Ueda (@kautan380) on

火起こしに役立つ道具7選

created by Rinker
ZAFIELD
うちわと違いピンポイントで空気を送り込めるので火起こしが効率的にできます。最長62cmは類似商品の中でも最長で、顔や髪の毛が火で焼けたり灰がかかる事もなく安全です。

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
ナイフと併用するとブッシュクラフトに大変便利なファイヤースチール(メタルマッチ)。大きなロッドサイズで、12,000回使える。木材を削って強力な火種を作ることができます。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
便利なカラビナと安全装置が付いた充填式ガスライター。先端が長いので手元が熱くならずに使いやすい!

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
炭の火おこしから消化、再利用までこれ1つでできる大型火消しつぼ・火起こしセット。
火起こし器には便利な着火口付き。底面に熱が伝わりにくいスタンドやフタを抑えるストッパー機能付。つぼに入れて自然消化するので、水かけ不要。炭は再利用できるのでとってもエコです。

created by Rinker
Dellepico
こちらは耐久性に優れた本革を使用したマジックテープ付きの作業用手袋。裏地生地を厚めの綿素材にして耐熱性・耐火性をアップしました。長時間使用してもムレにくいメッシュ綿を使用しています。

created by Rinker
暴防、防塵、UVカット、教科PVC、軽量のタクティカルゴーグル。サバイバルゲームなどに使用されますが、キャンプなどアウトドアレジャーにも最適。耐衝撃性に優れたクリアレンズゴーグルです。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
煙突効果で効率よく火が起こせる火起こし器。持ち運び便利な超薄型収納。空気の対流を促進させ、燃焼効率が飛躍的に向上します。

まとめ

初心者に火起こしはハードルが高い、と思われがちですが、こちらの記事を参考にしていただければ簡単5分で火が起こせます。火起こしの流れをあらかじめシュミレーションしておくのがおすすめ。スムーズに火起こしができれば、キャンプ初心者から中級者へステップアップできます!