キャンプ用品

ソロキャンプの必需品!携帯性に優れたキャンプ用調理道具「シングルバーナー」

最もキャンプらしいキャンプギアといえばシングルバーナー!とても手軽にお湯を沸かしたり、ご飯を炊いたりできる人気アイテム。燃料がむき出しなところもワイルドでかっこいい!こちらではバーナーの使い方やおすすめ商品、相性のいい調理道具などもご紹介していきます。

シングルバーナーとは?

キャンプの醍醐味といえば美味しいキャンプ飯ですが、調理をするためには焚火台やBBQコンロなど火を起こす準備が必要です。今回は、携帯性が抜群でソロキャンプに最適なシングルバーナーに注目してみました。燃料缶とつないで火を起こす原理はガスコンロと同じですが、コンパクトなので持ち運びがラクラク。折りたたんでリュックにさっと収納することができます。

シングルバーナーは小さいのにパワフル!お湯を沸かしたり、ゴハンを炊いたり、いろいろなレシピに対応しています。ちょっとコーヒー飲みたいなと思ったときに一人分のお湯を素早く沸かせるのでとっても便利!

バーナーの選び方

CB缶(カセットガス)かOD缶か

シングルバーナーの燃料には、カセットコンロなどでもおなじみのCB缶かOD缶があります。中身はノルマルブタン、イソブタン、プロパンのいずれかが入っていて、商品によって配合比率が異なります。CB缶のメリットは、100均など身近なショップで購入できること、安価であること。ただし、CB缶は気温が低い場所では火力が弱くなるという難点があります。

一方、主にアウトドアで使用されるOD缶は耐寒性にすぐれているので真冬のキャンプにもおすすめ。人気アウトドアメーカーのバーナーの多くはOD缶仕様となっています。ただし、OD缶はホームセンターやアウトドアショップに行かないと購入できないのが少し面倒です。

OD缶仕様のキャンプギアが多いことから、今後本格的にキャンプを楽しみたいという方はOD缶のシングルバーナーがおすすめです。

一体型か分離型か

シングルバーナーには一体型と分離型の2種類があります。一体型は、コンパクトで収納しやすい反面、OD缶を使用する際にはその上で調理をするため不安定になってしまうというデメリットがあります。CB缶を使用する場合、横からガス管を接続するので安定感がありますが、炎とガス管の距離が近くなるので危険です。とくにスキレットや鉄板を使って長時間の調理をするときには遮熱版を使用するなどの対策が必要になります。

分離型は、バーナー本体とガス管が管でつながれていて距離があるので安全です。ただし、一体型に比べてサイズが大きくなってしまうことや価格が高くなってしまうことが難点です。

おすすめのシングルバーナー

【イワタニ】ジュニアコンパクトバーナー

【イワタニ】ジュニアコンパクトバーナー

イワタニHP

イワタニのジュニアコンパクトバーナーは燃料にカセットガスを使用することができるので手軽。高熱効率バーナーで高い加熱能力があります。 1Lの水が約4分で沸騰します。風防兼用ゴトク構造で風に強いの頼もしいですね。

【SOTO】レギュレーターストーブ ST-310

【SOTO】レギュレーターストーブ ST-310

SOTOHP

こちらは人気のSOTOレギュレーターストーブ。新開発マイクロレギュレーター搭載で外気温が低下しても安定した火力を実現。ドロップダウンによる火力低下がなく、連続した調理にも適しています。直径19㎝の大きなゴトクで安定した使用感。電気回路をすべて製品内部に収めることにより故障の頻度を激減させました。

【スノーピーク】HOME&CAMP バーナー カーキ

【スノーピーク】HOME&CAMP バーナー カーキ

スノーピークHP

スノーピークのバーナーは、ファミリー仕様の大きめの鍋にも対応する五徳をコンパクトに収納できる卓上ガスコンロ。お家での普段使いはもちろん、キャンプやピクニックにもおすすめ♪スタイリッシュでかっこいい3色から選ぶことができます。

【モンベル】ジェットボイル

【モンベル】ジェットボイル

モンベルHP

高い火力とエネルギー効率を両立させたモンベルのジェットボイル。その名の通り、0.5リットルの水を約1分40秒で沸騰させることができます。自動点火装置やグローブのままでも扱いやすい大型の火力調節つまみ、沸騰を色の変化で知らせるインジケータ、パッキングしやすい形状など使いやすい工夫が満載。お湯がそそぎやすい縦長のデザインです。

みんなバーナーで何を作ってる?

バーナーと相性のいい調理道具

BBQコンロや焚火台に比べてコンパクトなシングルバーナーはどのような調理道具と相性がいいのでしょうか。

アウトドアでクッキング Cooking outdoors at a campsite lodge

●メスティン
メスティンとはスウェーデンの会社が作っている長方形のアルミ製飯ごうのことです。取っ手がついていて、シングルバーナーでもご飯を炊くことができるのでソロキャンプでも大活躍!ご飯を炊くほかにもラーメンを作ったり、野菜を調理したりすることもできます。

●クッカー
クッカーはアルミやステンレス、チタンでできた鍋全般のこと。熱伝導率が高く、焦げ付きくいアルミ製のものやノンスティック加工が施されたものがおすすめです。最近はコンパクトに収納できるスタッキングセットが人気。

●スキレット
スキレットは浅い鉄製のフライパンのことで熱が均一に伝わり、保温性が高いので調理に最適です。小さめのスキレットならシングルバーナーにもぴったりで、手軽に肉や野菜を焼いたり、目玉焼きを作ったりできます。朝ごはん作りにも重宝します。

鉄板焼きハンバーグ

●鉄板
シングルバーナー専用の小さめの鉄板も人気の調理アイテム。鉄板があればステーキやハンバーグも美味しく焼くことができます。遮熱版とセットになったものが安全です。

●ホットサンドメーカー
キャンプ場の自然の中で食べる朝ごはんは格別。朝ごはんはハムやチーズを挟んだホットサンドが手軽でおすすめ。ホットサンドメーカーは鉄製なのでシングルバーナーとも相性ばっちりです。

まとめ

シングルバーナーはキャンプ慣れした雰囲気を醸し出してくれる見た目にもかっこいいキャンプギアの代表。おまけに小型で携帯しやすく、いろいろな調理道具とも相性がいいので一つ持っているととても便利です。各種メーカーも力を入れている商品なのでぜひチェックしてみてください。

※シングルバーナーは絶対にテント内で使用しないでください。